スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.10.29 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    滋賀県荒茶品評会審査会

    0
      滋賀県荒茶品評会審査会が9月3日に行われました。
      私も審査員として審査に参加させていただきました。
      審査内容は水色、香気、滋味、外観の総合点で審査され151点出品された中から厳選されました。


      無農薬有機栽培 新茶 手摘み 手揉み茶 

      0
        手揉み茶をしてみました。
        今年の出来具合を確かめるためにも参考になります。

        自園無農薬有機栽培の生葉を一芯二葉で手摘み、それを手揉み
        なかなかこんなお茶はないと思います。
        贅沢なお茶です。
        作っている者の特権です。




        子供たちにも手伝ってもらい お茶摘みをして





        いつもは電子レンジでお茶の葉を蒸していましたか、今回は蒸し器で生葉を
        蒸してみました。




        ホットプレートで揉んで・揉んで・揉んで・ひたすら揉んで…







        乾燥して






        044.JPG

        約3時間かけて針の様なお茶が出来上がりました。

         
        我ながらなかなかの出来だと思います。

        手揉みでないとこんな風にはならないですね。

        ちなみにこれは在来品種です。







        新茶情報1

        0
          第五回荒茶入札
          煎茶34点 2165kg 平均2589円
          かぶせ茶5点 407kg 平均3654円
          合計39点 2572kg 平均2762円

          ミル芽の茶は、しっかりした値が入っていました。
          例年の出来より悪いものもあり、下物は格安に思われました。
          依然出回りは少なく、もう少し量が出ないと本当の相場がたたない
          ように思われます。
          今年は、品種を集めようと思っています。



          新茶その後

          0
            今日もあまり気温が上がらないので

            案外寒く感じられます。

            新茶の動向ですが、出回りが少なく…

            今後もあまり点数が少ないのではないかと思われます。

            もう少し暖かくなってくればいいのですが…



            現在の自園の在来種ですが、まだこの程度でまだまだ先になりそうです。

            スマホ

            0
              スマホでブログ更新すると、レイアウトがおかしくなります。

              思うように編集できません。

              アプリがおかしいのかな?

              パソコンで編集し直し、二度手間です。

              以前のブログ編集をやり直しました。
               


              気になる新茶

              0
                今日は少し暖かい日でしたが 、5月に入ってからの寒さは少し異常です。

                今年は防霜ファンが、回り過ぎます。

                暴走ファンです。

                こんなに回る年は、あまり記憶にありません。

                新茶は遅れそうな感じです。




                日野祭

                0
                  5月3日は日野祭

                  お天気も良く祭り日和でした。

                  毎年恒例の祭りでしたが、今年の祭は特別な祭りでした。

                  いろいろ考えさせられる祭りで、大変勉強になりました。

                  いい祭りでした。

                  祭りは、地域にはなくてはならないものそう思える祭りでした。
                  大変だから皆で協力しあう、だから地域住民が一致団結出来る。

                  それが地域活性化させ、さらなる発展をさせる事ができるのではないかと思いました。

                  祭りは、私達にいろいろなことをもたらしてくれます。




                  柿木

                  0
                    昔は茶畑の側には、柿木が植えられていたところがありましたが、今はあまり見かけません。

                    お茶の新芽と同じ様な頃に、柿木にも新芽が出始めます。




                    柿木には、他にも意味があります。

                    新芽

                    0
                      新芽が出てきました。 5月中旬頃には、摘み取る予定です。



                      現在の在来の新芽です。

                      0
                        今日は、かなり寒い日になりました。 お茶には、霜は大敵です。

                        そこで活躍するのは、これです。



                        夏に暑いから、扇風機回すのではないですよ。

                        お茶に霜が付かないように暖かい上の空気を下に送り、風の流れをつくり霜が降りないようにします。


                        PR

                        calendar

                        S M T W T F S
                         123456
                        78910111213
                        14151617181920
                        21222324252627
                        28293031   
                        << October 2018 >>

                        満田製茶のこだわり

                        満田製茶は滋賀県蒲生郡日野町の日野川のほとりの茶の栽培に最適な立地条件に恵まれた茶畑にて創業以来有機栽培を行っています。お茶の葉を急須で入れたお茶は、人の心が伝わる不思議な飲み物です。
                        そのお茶を作った人の心、お茶をお客様に出すおもてなしの心、それを飲む人はお茶を味わうだけでなく、それぞれの心がその一杯のお茶になって伝わるのです。
                        お茶の味は決してごまかしが出来ません。ですから「誠心誠意」をもってお茶作りをしています。心が伝わるお茶とはどんなお茶かと思い、お茶本来のやさしい味をお届けしたく、無農薬栽培にも取り組んでいます。
                        有限会社 満田製茶

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        links

                        profile

                        書いた記事数:89 最後に更新した日:2017/10/20

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM