スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2019.05.09 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    0
      今日は、かなり寒い日になりました。 お茶には、霜は大敵です。

      そこで活躍するのは、これです。



      夏に暑いから、扇風機回すのではないですよ。

      お茶に霜が付かないように暖かい上の空気を下に送り、風の流れをつくり霜が降りないようにします。

      春番

      0
        久しぶりにブログを書きます 。

        3月になれば、新茶の準備が始まります。

        茶畑では、春番を刈る作業をします。

        今年は新茶が早そうな感じがするので早めに作業をしました。




        氏郷祭り

        0

          氏郷祭りに参加させていただきました。
          土曜日は、天気が良かったのですが、日曜日は雨で少し残念でした。

           

           

           

           

           


          たぬき

          0

            茶畑で子供が発見! 
            この辺りでは特にめずらしいことではないのですが・・・
            カメラを向けても逃げないのは珍しいかな?



            ニツポンの食、がんばれ!セレクション

            0

              満田製茶特別栽培茶(無農薬有機)やぶきた茶在来茶
              「ニッポンの食、がんばれ!セレクション」に
              選ばれました。(^-^)/
              http://www.nippon-shoku.com/products/detail_147.html
              永年、頑張ってきたかいがありました。
              このような賞をいただいて、本当に励みになります。
              ありがとうございます。
              ただただ正直にお茶を造り・・・
              消費者の方にとって本当に良いお茶とは・・・
              本来のお茶とは・・・
              自分が毎日飲みたいお茶とは・・・
              という思いでこの茶が生まれました。
              是非味わっていただきたいです。






              番茶(刈下)

              0

                滋賀県では、刈下とか番茶ともいいます。
                一番茶を摘採してから、しばらくすると刈り残した芽が大きくなります。
                二番茶前には、この部分を刈り捨てないと二番茶が出てきません。
                捨てずに取ってきて製造すると、刈下になります。 
                今年は、一番茶の時期に雨に降られることなく順調に刈り取りができたため、
                時間に余裕が出来たため、刈下を造ることにしました。
                刈下を取った後は、このようになります。

                来年のために、このように刈り捨てます。
                満田製茶の茶畑は、二番茶を採りません。
                なぜ採らないかというと、農薬を散布(無農薬)しないからです。
                二番茶は農薬散布をしないと、なかなか収穫をすることが出来ません。
                満田製茶の茶畑は、集団茶園とは違い単独の茶園なので
                農薬のドリフト(飛散)の心配がありません。








                ギャバロン茶

                0
                  ギャバロン茶を造ります。

                  血圧を下げると言われている、ガンマーアミノ酪酸を含むお茶です。





                  在来茶

                  0
                    今日は、在来茶を刈り始めました。
                    在来茶は、日本古来の品種で最近では、栽培されている所が少なくなっいます。今では希少な品種です。
                    特徴としては、苦さ渋さが少なく飲みやすく何杯も飲める優しい味わいです。
                    是非味わっていただきたいお茶です。

                    茶刈り機

                    0
                      茶刈り機です。
                      二人で両端持って、刈ります。
                      見た目以上にかなりの重労働です。
                      二人の息が合わないとうまく刈れません。
                      最近では、機械に乗って刈る乗用式の茶刈り機があります。
                      でも私は手刈りにこだわります。
                      何故かといえば、茶園には手刈りの法が優しいからです。




                      茶畑の中に発見!

                      0

                        子供と一緒に


                        茶畑(在来種)に摘み頃を見に入って見ていたら、



                        こんなものを発見!


                        無農薬栽培だから、こんなところに?




                        さて何でしょう?









                         


                        鳥の巣!

                        巣立った後でした。




                        PR

                        calendar

                        S M T W T F S
                        1234567
                        891011121314
                        15161718192021
                        22232425262728
                        2930     
                        << September 2019 >>

                        満田製茶のこだわり

                        満田製茶は滋賀県蒲生郡日野町の日野川のほとりの茶の栽培に最適な立地条件に恵まれた茶畑にて創業以来有機栽培を行っています。お茶の葉を急須で入れたお茶は、人の心が伝わる不思議な飲み物です。
                        そのお茶を作った人の心、お茶をお客様に出すおもてなしの心、それを飲む人はお茶を味わうだけでなく、それぞれの心がその一杯のお茶になって伝わるのです。
                        お茶の味は決してごまかしが出来ません。ですから「誠心誠意」をもってお茶作りをしています。心が伝わるお茶とはどんなお茶かと思い、お茶本来のやさしい味をお届けしたく、無農薬栽培にも取り組んでいます。
                        有限会社 満田製茶

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        links

                        profile

                        書いた記事数:93 最後に更新した日:2019/05/08

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM